平成29年10月20日、県ビルメンテナンス協会の安全衛生大会において、日本労働安全衛生コンサルタント会茨城支部の藤原支部長が講演されましたのでご報告します。講演会では「過重・長時間労働の健康障害と防止対策」と題し、過重労働や長時間労働などによって健康障害の危険性が高くなることや残業の実態把握、職場環境の改善、業務特性に合った働き方など、業界における今日的課題について説明されました。

日刊工業新聞記事はコチラ⇒日本工業経済新聞記事2017.10.20 (藤原)